おばちゃんひとり旅ブログ

協調性ゼロの 営業ウーマンが、週末+αで日本とアジアのごくごく限られた場所をしつこく訪問。
ケチケチ旅行の極意を学び、なんでもない風景の中から「なんだコリャ!」とオドロくものを見つける小さな旅の連続を書き綴ってみました。

2016真夏の台北⑥

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡(市)・博多情報へ
にほんブログ村


最終日の4日目。

目が覚めたらすでに6時。

急いで支度をして、最後にもう一度お寺へ。


勤行を終えてお寺を出る人々


今日初めて発見したのは、お寺で売っている赤いろうそくはリサイクルされているようだということ。

ろうそく立てに鈴なりに立てられたろうそくの溶けたロウはどんどん真ん中の窪みに溜まっていく。それをおばさんが柄杓で汲み上げて大きなバケツにためていく。

これをまた固めてろうそくにしていくんだろう。

どうりで入口のところに売っているろうそくが安いわけだ。

ろうそく2本で5TWD。


ろうそく立て。溶けたロウが真ん中の窪みにどんどん溜まっていく

溶けたロウを集めたバケツ

正面のお供え物台


お寺を出て、すぐ横の路地で朝食。

このパターンも3日目だが、全然飽きない美味しさ。

初日と同じく肉団子と筍のスープ、今日はそれに大根餅も足してみた。全部で60TWD。

鶏ガラスープの優しい味に筍と肉団子が良く合っている。

早朝とはいえ30度近くある外でのご飯。汗をかきながらの熱いスープと大根餅の朝食に大満足。


肉団子と筍のスープ、大根餅


夕べから色々考えて、やっぱり鉄観音とプーアール茶も買っておこうと思い立ち、チェックアウトまであまり時間がないが、先日のお茶問屋さんに向かう。

今度は弟さんの方が接客してくれる。

お兄さんと比べると、少し融通が利かない感じはあるが、やはり自信に満ち溢れた感じ。まずは中級品のプーアール茶を試飲。次に鉄観音の極上品。売る側の勧めかたの鉄板ではあるのだろうが、極上品の味を知ってしまうと、悲しいことにそこからランクを落とせなくなる。ところが、さらに上のランクの鉄観音もついでに試飲させてもらったのだが、こちらはまろやかすぎて独特の香ばしさがあまり感じられなかった。結局、今回選んだその他のお茶が爽やか系やまろやか系だったためテイストが被るかなと思い、香ばしさと味の主張が印象的だった次のランクの極上品の方を購入した。

その他、食事用にプーアール茶も購入。

ゲストハウスに戻ってチェックアウト前に早めの昼食。

こちらも今回2度目になる隣の牛肉麺屋さんで、看板メニューの牛肉麺。関東のうどんのような濃い茶色のスープは牛肉の濃厚なだしで甘辛く、台湾にしては珍しいシコシコした麺が良く合っている。上には厚切りで柔らかい牛すね肉がどっさり。120TWD


牛肉麺


台北駅から高速バスで桃園空港へ向かったが、乗る飛行機がLCCで機内持ち込み重量が10キロに制限されているため、相当久しぶりではあるが、帰りの荷物をチェックインの際預ける羽目になった。値段は安いが台北到着時の入国審査での激混み、LCCならではの遠いはずれにある搭乗ゲートなどを考えると、次は別の航空会社を選ぶかもしれない。


TWD 100 = JPY 332.56

2016真夏の台北⑤

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡(市)・博多情報へ
にほんブログ村


3日目は予定通り5時過ぎに起床。

今朝もお寺に行くべく6時前に地下鉄の駅に着いたら、日曜だからかまだ始発前でちょっと待機。


占い用の竹の棒が入った金属の筒を一身に磨くおばちゃん

赤いろうそくが幻想的

みんな一身に声を揃えて歌うようにお経を唱える声がお寺を包み込む、不思議な時間

精密な彫刻が施されている

本殿の前にある大きな線香立て

線香立てを撫でながら一周回る人もいるためか、ピカピカに光っている。

象の形の部分もピカピカ

お寺の正面。台北の気候にはこのカラーがよく似合う

柱の彫刻がダイナミック


お参りを済ませて昨日と同じくお寺のそばの屋台で朝食後、一旦ゲストハウスに戻り、シャワーを浴びてしばらく休憩。


その後、食料品を買いに南門市場へ。

お目当ての調味料やら何やらかなりたくさん買い込む。最後に、気になっていた調味料屋さんに、前回買わなかったものを見に行く。腐乳は日本でも買えるけれど本場で買うともっとおいしいかもと思い、試しに買ってみた。150TWD(結局、汁が引っかかって手荷物検査で没収。)


調味料がびっしり

乾燥麹玉

生の麹。開けて見ると良い匂い

お店のお兄さんにピータンを選んでもらう。


店頭にゴルフボールくらいの大きさの白い塊を見つけ、「何ですか?」と聞いてみると、「ライスワインを作るものです。」ということだったので、ああ、麹ね。と思ってこれも買ってみる。甘酒を作ってみよう。1個25TWDを3個購入。

その他ピータンも5個購入。

別に日本で買ってもいいんだけれど、1個10TWDと安かったので(現地だから当たり前だけど)帰りの荷物がさらに重くなるなぁと思いつつ。

久しぶりのピータン豆腐楽しみ。

とにかくここは市場と名がつくだけあって、よそより2割程度は安いことがその後他の店をチェックした結果判明。

ここで買えるものは買っておいたほうが良いようだ。


そのまま迪化街に行ってみた。

ガイドには必ず載っている有名な問屋街だが、行くのは初めて。

布にも小物にもお土産品にもあまり興味がないから足が向かなかったけれど、キッチュな小物や、おしゃれな文房具などを扱う店がたくさんある。(ただし総じて値段が高い。)

お土産用のドライフルーツや、漢方薬の材料を扱う店も延々と連なっている。


燕の巣を売っている


1軒だけ、ぜひ行ってみたかった布を使った小物の店に入ってみる。

台湾で有名なハッカソンという鳥をモチーフにした布を使った小物に惹かれて色々見たが、どれも高くて手が出なかった。色々広げてみたり、ひっくり返してみたりして結局買わない客になってしまった。

今回は、結構買い物してしまったこともあり、もうよっぽどのことがない限り何も買うまいと思い、地下街でワンタン麺と茹でた青菜の醤油ソースがけの夕食を済ませてゲストハウスに戻り、19:00に就寝。


ワンタン麺

茹でた青菜醤油ソースがけ

お店の様子。台北駅に続く地下街

地下街で踊る男の子たち


TWD 100 = JPY 332.56

2016 真夏の台北④

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡(市)・博多情報へ
にほんブログ村

いつかはやるだろうと思っていたが、とうとうやってしまった。

パスポートを無くしてしまった。

前日の夜、ゲストハウスのチェックインで出したのは覚えていて、その後荷物の整理をする時に、ロッカーに入れる荷物と手元に置く荷物に分けた時、どっちに入れたかあたりから記憶に無い。

夜になって、凍頂烏龍茶を買いにお茶問屋さんに出かけようと思った時に「そう言えば‥」と思い、パスポートを探したところ、

うん?

無いかも‥

まさか。

ロッカーだよな。

‥と、ロッカーの中を探すが、

‥やっぱり無い。

お茶屋さんどころでは無い。

ベッドに戻って、布団や枕もひっくり返してみるが、

‥無い。

当然ながら最悪のことを考え始める。

パスポート再発行をするにも、明日は日曜だから大使館は多分休み。

そうすると、手続きや何やかやで月曜の飛行機には到底乗れそうになく、火曜の出勤は絶望的‥

もっと悪いことを考えると、誰かがパスポートを拾って悪用したら‥

などなど考えつつ、もしかして誰かがゲストハウスの中で拾ってフロントに届けてくれているってこともあるかも‥ と、一縷の望みを持ってフロントに行った。

スタッフは、「ニーハオ!」と楽しげに声をかけてきてくれた。

「ああ、やっぱりここにあるわけ無いよな。」と思いつつ、恐る恐る「パスポートを無くしたみたいなんです‥」と切り出した途端、女性スタッフが、「これですか!」と指差したのは、私のパスポート。

歯みがきセットやタオルなどの忘れ物と並んで、フロントのカウンターの上に私の赤いパスポートがあった。そして本人確認などほとんど無しで簡単に渡してくれた。

いやー、一体ゲストハウスのどこで無くしたんだろう、拾ってくれたのはどんな方なんだろう、まずはお礼が言いたい。と思って女性スタッフに聞いたら、「知りません‥」

他のスタッフと何か話したのちに私のところにきて、「チェックインの時に返し忘れたみたいです。」

ええええ!

そういう時って取りに来るまでそのままにしておくんかい!

無くしたと気付いた瞬間から、本人は生きた心地がしないもんだろう、普通は。

返してもらっていないのをすぐ気づかなかった私もうっかりなんだけど、ここのスタッフもかなりテキトーだなぁ。

しかも、返すにあたって本人確認ほぼなしってどういうこと?

第三者が成りすましで受け取るってこともあるよね。

まあ、仕事でもないし、帰ってきたことで良しとすることにした。


すっかり外は暗くなっていたが、気を取り直してお茶問屋さんに出かけた。

お茶問屋さんでは店主の息子さんが接客してくれた。

30代半ばくらいの背が高くてロン毛のにいちゃんだが、日本語堪能、恐ろしくテキパキとしており、お茶についての説明も自信に満ち溢れていて頼り甲斐がある感じ。試飲用のお茶を入れる手さばきも無駄がなく所作が美しい。


にいちゃんが大きな缶からお茶を掬う

にいちゃんが持ち帰り用の真空パック詰め中

ここで試飲

凍頂烏龍茶の高級品は高山烏龍茶と言うらしい。産地の標高が高いほど高級品

問屋さんらしくお茶の缶や大きな袋がずらりと並んでいる



こんな跡継ぎがいれば当分安泰だろうと思ったら、ネット情報によるとこのにいちゃんは長男で、下にこれまた頼もしい弟もいて、2人で店を切り盛りしているらしい。

脈々と続く磐石な同族経営とみた。お目当ての凍頂烏龍茶はさすが問屋さん、ピンからキリまで8種類くらいもあったが、せっかくなので上等を試飲させてもらって購入。


TWD 100 = JPY 332.56