おばちゃんひとり旅ブログ

協調性ゼロの 営業ウーマンが、週末+αで日本とアジアのごくごく限られた場所をしつこく訪問。
ケチケチ旅行の極意を学び、なんでもない風景の中から「なんだコリャ!」とオドロくものを見つける小さな旅の連続を書き綴ってみました。

2018年暮れ 台北にて 帰国

最終日。

早朝6:45発の便なので、今日はホントに帰るだけ。

前日の行動を14:00には終えて荷造りし、相当早く寝ていたので2:30のアラームでも何とか起きる。

ゲストハウス の冷凍庫で凍らせてあった屋台のおこわと湯円をキャリーバッグに入れてチェックアウトし、タクシーで空港バスの乗り場へ。

 バス代が125TWD→140TWDに上がっている!





桃園空港行きのバスは24時間運行。LCC利用者にとって強い味方!



40分くらいで桃園空港着。税関を抜けたら早速プライオリティパスラウンジに行ってみる。

事前に激さむとの情報をいただいていたので、それなりの事前準備はしていったけれども、今のところはなんとか適温の範囲内。


照明を落としたオトナの雰囲気。静かにピアノのBGMが流れる。

ソファ席、テーブル席、ボックス席とあり、早朝ということもあってか充分余裕がある。オープンキッチンには常にコックさんがいて、4種類のメニューからオーダーに応じてホットミールを作ってくれる。牛肉麺があったので早速注文。

小ぶりの器で出てくるが、大きな牛肉の塊がゴロゴロ入っている。

そのほか、鶏肉のトマト煮込み、チャーハン、台湾らしいおかず数種、サラダバー、デザート数種、帰る頃にはハッシュドポテトとスクランブルエッグも並んでいた。

飲み物もワインや缶ジュース、牛乳、コーヒー、紅茶などのほかに台湾ビールのサーバーがある。

旅行中はしらふでもいろいろやらかすのがわかっていたのでアルコール抜きにしていたが、あとは飛行機に乗るだけなので、ここでは心ゆくまで台湾ビールを楽しむことにする。

シリアルのコーナーに台湾ふうのミックスナッツ?的なかぼちゃの種、大豆、クコのみ、レーズンをミックスしたものがあったので、それをおつまみにして台湾ビールを飲む。

うーん、快適。

レンコンスライスをたぶんパッションフルーツかグアバジュースに漬け込んであるのが、甘酸っぱくておいしい。

あと、小さい油揚げをおいなりさんの皮と同じ味付けにしてあって、ピーナツも一緒に柔らかく煮てあるやつも。

高野豆腐の細麺も定番だけどやっぱり好きだなあ。

そんなこんなで台湾ビールをグラスだけど早朝から4杯も飲んでしまう。



食べおさめの牛肉麺を作ってもらう。



台湾らしいおかずがいろいろ。デザートもあったがそこまで行き着かず。



真ん中あたりに台湾ビールのサーバーが。



早朝5時台のビール。



ナッツとレーズン。


だんだん混んできたし、何より搭乗時間も近づいてきたので、最後にもう一回締めに牛肉麺を食べて、お茶の葉が入った水筒にお湯をもらって、そろそろラウンジを出ることにする。

滞在時間1時間半くらいだったけれど、ラウンジを使い倒して福岡行きの便に乗った。

2018年暮れ 台北にて 3日目

今日も早起きして龍山寺へ。

頑張って6:20くらいには到着。

早すぎたからか、まだ線香もロウソクも売っていない。

まだ夜が明けきっていないので、明かりに照らされた本堂が金色に輝いて美しい。




昨日同様、全部の仏様に順にお参りしていく。

お参りの後、朝ごはんのため屋台街に行ってみると、昨日は出ていなかったおこわの店を発見。

「素食」とありいわゆる精進なので肉や魚は使われていないが、コクがあって本当に美味しいので、いつもお店の人がぎょっとするくらい大量買いして持ち帰るのを楽しみにしている。おこわと、これまで買ったことがなかった春雨もテイクアウト。

おこわと春雨はお土産用なので、今日の朝食をどこで食べるか吟味する。



おこわと春雨の屋台。


昨日食べた肉だんごスープ屋台の斜め前に、えらく人の多い屋台があるのでのぞいてみる。人が食べている美味しそうな汁なし麺を指差して注文し、おじさんだらけの簡易テーブルにかろうじてひとつだけ席を見つけ、座って待つ。

運ばれてきた麺は、細かく切った脂の多い肉が甘辛く煮たものが載っていて、混ぜて食べると予想通りのおいしさ。にんにくがしっかり効いている。



にんにくのパンチがきいた汁なし麺。うまし。


いったんゲストハウスに戻るとまだ8時前。

おこわと春雨をゲストハウスの冷凍庫にしまってから二度寝する。

10時に起きて二度目の朝ごはんを食べに外出する。

今度はひとりっぷさんオススメの「鼎元豆漿」へ。

MRT中正紀念堂駅から徒歩5分程度。長い行列が店の外までのびているのでわかりやすい。ネットの情報によると、列はテイクアウトとイートインの二列あるので間違わないようにとあったが、見た感じ一列だったので並んでいる人たち何人かに「あなたはイートイン?テイクアウト?」と聞いて、20人くらいのイートインの列の最後に並ぶ。

並んでいる最中にネットでメニューを吟味していたら、「油條」があるのを発見。イートインで塩味の豆漿と一緒に頼んで、千切って豆漿に乗せて食べようと決める。併せて、たくさんテイクアウトして持って帰って、家で香港ふうのお粥を作った時に乗せて食べよう。

油條は細長い揚げパンの一種で、家で作るには揚げ油が大量に要りそうなので諦めていたけれど、ここで大量買いして冷凍しておけばいいんじゃね?と思った次第。

それと、口コミで素晴らしいと評判の小龍包も食べたい!

どんだけ食べるんだ…と我ながら恐ろしくなるが、それが今回の旅行の大きな目的の1つでもあるので仕方ない。

無事に豆漿、油條、小龍包とテイクアウトの油條も頼み、食べてみる。

豆漿は少し酸っぱい。

たぶん豆乳をモロモロに固めるために酢を使ってあると思われる。

油條はもともと少し入っているが、追加したものもちぎって載せるとさらにコクが増しておいしい。途中から辛い味噌も加えて味を変えて食べてみる。

小龍包は鼎泰豊と比べると皮は厚めだがおつゆたっぷりでボリューミー。

ネットで誰かが書いていたが、この値段でこのクオリティは信じられないというのはホントだなあと思う。

今回はひとりなのでこれ以上頼めなかったが、次回は友達と来てほかのおいしそうなものも色々シェアしたいとも思う。



塩味の豆漿、油條。右の袋に入ったものがテイクアウト用の油條。


小龍包。実はこれだけでもかなりのボリューム。



鼎元豆漿のあとは、歩いてすぐの南門市場に向かう。

ここで調味料やドライフルーツを買うのも今回の旅の目的のひとつ。

日本でも買えるものもあるが、いわゆるジャケ買いで台湾っぽいテイストのものを買うのも楽しみなので。





調味料やさん。何に使うかわからないものも多数。だけど面白い。



1番下の棚のゴマ餡まん、びっくりするくらいおいしい!



これは買っていないけれど…春節用の桃まんじゅう?

写真じゃ大きさがわかりづらいけれど、大きめの白菜くらいのでっかさ。



ここで豆と雑穀類を購入。


南門市場で買ったもの

芝麻醬

ドライマンゴー 

龍眼肉

腐乳

龍眼蜂蜜 

ピーナツのホロホロお菓子

湯円(白玉団子の中にピーナツペーストが入ったもの。冷凍)

※ここで湯円を買うため保冷バッグを持ってきた。

ゴマ餡饅(ここのはどこのより特別おいしいと思う。皮のふかふかさがすごい。)

ハトムギ、蕎麦の実、もちあわ、レンズ豆 、緑豆(この辺りは雑穀ご飯やサラダ用)


龍眼蜂蜜は今までにも買おうかどうしようか迷い倒していつも買っていなかったのだけれど、今回は奮発して帰りの預け荷物の分をオプションで増やしているので思い切って買ってみた。



最後の夕ごはんのため、17時過ぎにゲストハウス隣の牛肉麺屋さんへ。
私はホントに牛肉麺が好き。

2018年暮れ 台北にて 北投温泉からの迪化街

MRT北投駅から北投温泉行きの電車に乗る。

10分間隔で温泉最寄駅との間を折返し運転しているらしい。

北投駅で一斉に降りる乗客も、電車の中もほんのり硫黄の匂いがする。

新北投駅到着後、5分ほど歩いて、目指す龍乃湯到着。



新北投駅から龍乃湯に向かう道。

雰囲気は黒川温泉に似ているかな?


温泉に備えて、途中のコンビニで水とおにぎり購入。

歩きながら食べる。

龍乃湯の受付に行ってみるとかなりの待ちが出ている。今呼ばれているのが35番で、私は48番。30分くらい待ってやっと名前を呼ばれる。


すごかった。

何がって、お湯が熱すぎて。

 事前のネット情報で相当熱いとは知っていたけれど、「まあ、熱いとは言ってもこちとら別府の熱さに慣れてるから、そこまでないやろ。」と、タカをくくっていたところもあったのだが、別次元の熱さ

四畳半くらいのあつ湯(46.3度!)と、その三分の一くらいの狭さのぬる湯(それでも42.5度とか)があって、私が入った時はぬる湯の狭いところにお子さんも含め10人以上がぎゅうぎゅうづめで入っていて、あつ湯には4~5人が身じろぎもせず入っている状況。

しかもあつ湯組のうち3人ばかりは浴槽のふちに腰掛けている。

※別府だったらすぐ怒られるパターンだ。

そして、湯船の周りにぐるっとお風呂イスが並べてあって、そこに腰掛けて涼んでいる人の方が断然多く、15人くらい。

みんな熱すぎてじっと入っていられないとネットで書いてあったが、ホントらしい。

体をしっかりシャワーで洗って、湯船に浸かってみたけれど、「アツーッ!」と、心の中で叫んで5秒も入っていられなかった。ハアハア。

お風呂イス組の末席でいったん体を冷まして、再度チャレンジ。

今度は体が覚悟したのか何とか入れて、それでも2分が限度。

湯船で体を少しでも動かすとお湯が動いてしまい、熱いのが直撃してきて周りの人にも迷惑をかけるからかみんなじっとしているわけだ。

ほかのおばちゃんたちも同様の行動パターンで、カラスの行水状態。

釜山の健康ランドの温泉だと、お子様だけでなくおばちゃんたちもバタ足したりしているけれど、ここはとてもそんな段ではない。

だが、、そんな中、ひとりのおば(あ)ちゃんだけは肩までしっかりとあつ湯に浸かったまま何か大声で喋っている。

まわりのおばちゃんたちに何か説教しているような感じ。すでにお湯の中で煮えてんじゃないか?と思うくらい長く浸かってから上がった姿を見たけれど、肌が真っ赤になっているわけでもなく、ふつうにスタスタと洗い場の方に歩いて行った。

髪はほとんど白髪なのに、肌のツルツル感とハリが半端なかった。温泉効果か?


そうやって入ったり出たりを3回ばかり繰り返して早々に上がった。

修行のような入浴だったが、上がったあとのスッキリ感も半端なく、帰る頃にはまた来たいとおもった。


帰りに駅近くのファストフード店でさつまいものフライドポテトを食べる。

そこまで甘くはないが、優しいお味。

勢いがついてしまい、そのままフラフラと麺のお店にも吸い込まれ、招牌乾意麺というまぜそば的な麺も食べる。

こちらは小ぶりな丼に入っていたので、はしごしてしまったが何とか両方で1食分くらいの量におさまった。





龍乃湯

昭和天皇が皇太子時代に入られたという由緒ある温泉。

周りの他の温泉と違って、日本と同じくハダカで入る。


ミネラルウォーター、たけのこご飯おにぎり 55TWD

北投温泉 龍乃湯 150TWD


さつまいもフライドポテト55TWD



まぜそば的な、招牌乾意麺 35



お店の外観


いったんゲストハウスに戻って休憩しようと思っていたが、明日行こうと思っていたお茶問屋さんが途中の駅近くにあることに気づき、急遽途中下車して向かうことにする。

ここ数年、暮れと7月に行くことにしている「林茂森茶行」は、元々兄弟で切り盛りしていた老舗の店だったが、数年前に仲違いしてしまい、以後 兄と弟それぞれが店を構えているという、京都のどこぞで聞いたことがあるような話で、しかも2軒の店がほぼ隣同志という近さ。

私がいつも行くのは弟さんの方の店で、現在店を回しているのはその息子さんたち。

私の担当はお兄さんの方のようだが、兄弟どちらも日本語がほぼネイティブなので、お茶のテイストについてかなり感覚的な質問をしてもほぼ納得がいく答えがもらえて助かるし、信頼の置ける店と思って通っている。

あれこれ無理に勧めてくることもなく、淡々と誠実にやってくれる感じなのがとても良い。

試飲は毎回1種類までと決まっているため、なるべく今まで飲んだことがないものを試すことにしている。

今回は2種類ある「台湾蜜香紅茶」のうち、天然のシナモンに近い香りが特徴というものを試飲させてもらったが、前回買ったマイルドなほうが好みだったのでそっちにする。

年末の書き入れ時だからか、兄弟、お父さん、4〜5人の店員さん(全員なぜか小柄なおじさん)がフルで接客中。お客も多く試飲のテーブルも満員だった。

そのほか「文山包種茶」、「高山烏龍茶」を購入、台北ナビの掲載ページを見せるとおまけのお茶も貰えるので、遠慮なくいただく。


お茶屋さんを出てそのまま迪化街まで20分くらいかけて歩く。

すでに日は傾いて、新暦ではあるものの大晦日らしい雰囲気が漂い始めていて、迪化街の中にある廟にはお詣りの人がわんさか詰めかけ出している。

こちらも、ここ2年ばかりお世話になっている、「静慧」という生薬と乾物全般のお店を訪ね、からすみ、フルーツティー、ドライレモン、紅花、蝶豆花茶などを買い込む。

ここのからすみはいい感じに生っぽくて好きだ。フルーツティーは、ドライフルーツをダイスにカットしてあるもので、紅茶を入れる時一緒にポットに入れると、濃厚なフルーツの香りと味でしあわせな気分になるのでいつも買うことにしている。ドライレモンは珍しかったので試食させてもらったら結構甘いので、「この甘みは何でつけているんですか?」とお店のおじさんに聞いてみると、自然の甘さだとのこと。レモンが甘い?と思ってきいてみると、完熟したレモンは甘くなるらしく、そういうものを使っていると説明してくれた。(ほんまかいな?)とおもいつつもおいしかったのでよしとして購入。

それにしても紅花、高かったー。

よく行く薬膳のお店で紅花がブレンドされたお茶を時々飲むんだけれど、「よし!これであのブレンド茶の材料が全部うちに揃った!」と、安心。(なにが安心?) 蝶豆花茶は目の疲れにいいらしい。

帰りに「気持ち…ね」と、おじさんが黒糖と干し梅の飴をひとつかみおまけしてくれようとしたが、前回もらって微妙な味だったので、もらうくせにずーずーしいなとは思いつつ、「この飴前にも貰いましたがあんまり好きじゃない。」と言ってみたら、のど飴に替えてくれた。

おじさんありがとう。